福高祭2020②The DANCE GINZA「BLOOM」「スタジオドゥーヒップ」などコロナ禍でのダンスステージ開催

スポンサーリンク
季節のイベント
Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

どうもこんにちは!

雨が続く日本列島ですね。

記事に関係ないですが、

エディ・ヴァンヘイレンがお亡くなりになりました。

舌がん・こう頭がん・肺がんを患っていたそうで、ご冥福をお祈りしたいと思います。

まだ60代と若くても死はいつ訪れても不思議じゃない、

と改めて日々の大切さを実感します。

直接ヴァンヘイレンの曲を練習したことはないですが

ライトハンドの発明者として永久にその名はかたり継がれるでしょう!

さて今回は福高祭2020のダンスイベントの詳細です。

動画での紹介はないグループもありますが

さまざまなダンスを楽しめました!

当日の賑わいを少しでも感じていただければ幸いです。

ではどうぞ!

スポンサーリンク

鳥取HAKKA プレゼンツ The DANCE GINZA

個人的にはこちらがメインイベントでした。

鳥取HAKKAさんが主宰です。
(ダンスイベント「The DANCE TUBE」の企画運営など鳥取県の中部、倉吉で活動されている団体)

新型コロナ感染症拡大により、人気イベント「The DANCE TUBE」が中止になってしまったので発表の場を作りたいとの思いもあり今回企画されたようです。

道路をステージにしているので、お客さんは沿道で観覧することになりましたが、 結構 狭く感じました。

演者の方々と距離が近すぎて、ちょっと見づらかったです(^_^;)

出演者の方はみなフェイスガードかマスクをしてのパフォーマンスと言うことで

やりずらかったと思いますが、それを感じさせないものでした!

出場の団体を出演順に紹介していきます。

DMK

トップバッター(この言い方古いですか?)は 

鳥取県倉吉市福庭町にあるダンススタジオ DMK(ダンスミュージック倉吉)さん

モットーは「気持ちく楽しく踊ろうや」です。

今年はコロナの影響で作品を全く作っていなかったそうで、 去年の作品の披露となります。

Dmk さんはぼかしの入った写真のみ OK ということで紹介させていただきます。 

1キッズ

2キッズアドバンス

の2チーム

ひたすら可愛さが溢れているキッズの皆さんでした。

キッズアドバンスになると少し細かい動きが入ってきて難易度が上がっているようです。 

BLOOM

次は

琴浦町を中心に活動されているBLOOMの皆さん。

代表の方から

「鳥取県でも年7月ぐらいからコロナの感染者が出てイベントが中止になったりレッスンがなかなか出来なかったりして気持ちの持って行き方が難しかったと思いますがこうしてイベントに呼んでいただきましてありがとうございます。力いっぱい踊りますので拍手と声援お願いします!」とのことでした。

ブルームさんの一番手は小学校低学年以下のクラスのようでした。

先生がたも混じってのパフォーマンス。みなさん元気よく踊れました!

オンフリーク

倉吉のダンススタジオオンフリークさん

倉吉未来中心でレッスンをされているそうです。

ダンスはショーケースばっかりやってても上手にならないのでバトルをやった方がいいそうです!

指導者のかたは金髪で怖そうでした(笑)が結構トークが面白かったです。

入門クラス

かわいい振り付けが中心でした。

初級クラス 

選曲にもよるのでしょうけど去年のワッソでみたときより元気がなさそうでした。

コロナで練習不足かな?まあマスクもしてるし、、

メンバーはたぶん同じだと思います。

中級クラス 

ヒップホップかハウスの感じですかね?

あんまり違いが分かりませんが(笑)体幹をよく鍛えられている動きが見ごたえがありました。

DMK

次はまたDMKさんの出番です。

コロナの状況で生徒さんのモチベーションを保つために考えたのが、 Tiktok を使っての練習だったそうです。

このイベントのために各クラスから有志を募ってメドレーにしたそうです。

様々なクラスで構成されているので身長差や衣装がバラバラな点は多少気になりましたが、小さな子と 中学生ぐらいの子が一緒に踊ることによって同じ振り付けでも全然違うように見えました。

リズム感だったり振り付けのキレだったり。

 練習していくことによってこの技術差が埋まっていくんだなぁとなんか納得してしまいました(笑) 

代表のAYAさん(写真右)も加わってのパフォーマンスもありました。

スタジオdo-hip

次は鳥取市のスタジオドゥーヒップさんです。

今回の出場チームの中で 一番激しくてカッコいいダンスだったと思います。

何回か取り上げさせてもらってましたが、 毎回レベルが上がっている気がするのでいつも楽しみです(*^。^*) 

中学生4人組「VIOLA」さん

高校生2人組「GENTLE」さん

フェイスブックによればdo-hipの新人インストラクターRIMI先生の作品とのことです。

「VIOLA」さんは衣装は違いますが、このダンスは8月23日の第10回「DO-BEAT」ダンス発表会でも発表されています。

福高祭2020 The DANCE GINZA「VIOLA」「GENTLE」(from スタジオドゥーヒップ)

Gab

Gabさんは

関金で活動されているダンスグループです。

今年のせきがね芸能まつりにも参加予定でしたがコロナで中止となってしまいました。

代表の方の MC がとっても上手で親近感がわきました(笑) 

GabさんはYouTube 不可とのことで写真のみで紹介させてもらいます。

animoさん 

小学校低学年  代表の方も「なんちゅうかわいい!」とおっしゃっていましたがその通りでした。

JAKEさん 

小学校男女混合ヒップホップグループ  指導者の方も混じってのパフォーマンス。

女の子は良かったんですが、男の子は照れがあるのか動きが遅れ気味に見えたのが少し残念でした。 

GLOWさん 

女子中学生高校生の混合グループ 

マスクも怪しい雰囲気の衣装に合っていてgood!

さすがに中高生!ダンスのキレもありすごくかっこ良かったです。

BevYさん 中学生女子のグループ 

アイドルグループ風の衣装とかっこかわいい振り付けのパフォーマンスでした。

ピタッと止まったり動いたりする振り付けや、

体を捻る振り付けが目に着きましたが、そのせいかもしれませんね。

ワグマン

次は鳥取市から来られたワグマンさん

姉妹とのことで息の合ったパフォーマンスと

独特な衣装と振り付けで楽しませていただきました。 

去年のダンスチューブのグランプリをとられたということでさすがの動きのキレでした! 

名前の由来はダンサーのShale Wagmanから取ったのかなーと勝手に推測します(笑)

BLOOM

最後の出演は再び琴浦町の BLOOMさんです。

小学校高学年のグループ「KARMY JAM(カーミージャム)」さんです 。

名前の由来が不明ですが、ポルトガル語ならカルマ(業の)ジャムとなるので

ちょっとものものしい名前です(-_-;)

ダンスは細かいことはわかりませんが足技中心だなと思いました。 

こちらも女の子の方が動きがよかったです。

より身長が高いのも要因かと思いますが。

最後は中学生以上のメンバー「Gala Tracks(ギャラトラックス)」さんです。

意味は「祭りの跡」でいいのかな?いい名前ですね!

 

去年の北栄砂丘まつりでは4人組でしたが、今年はメンバーが大幅に増員されています。

去年はレベル的には初級と言った感じでしたが今年は難易度が全く違います。

というか代表の方も参加されてのパフォーマンスです。

そこまで厳格なチームわけは行っていないのでしょうか?

 

おおとりを飾るだけあって完成度の高いパフォーマンスでした。

大人数でもリズムがピタッとあっているのは見ていて気持ちいいですね!

福高祭2020 The DANCE GINZA 「Gala Tracks」(from BLOOM)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

このイベントはダンスチューブ中止の救済策として企画されたとのことでしたが

コロナは生活全般に影響しているため、生徒さんの練習もなかなか難しかったと思います。

しかし素晴らしいパフォーマンスを披露していただき

見に来た甲斐がありました。

先生方も本当にお疲れ様でした!

来年はこのイベントではないかの知れませんがまた

倉吉でパフォーマンスを拝見したいと思います。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました