菅田将暉主演 映画 帝一の國のネタバレストーリー詳細とキャスト紹介!と感想

映画・ドラマ
Sponsored Links

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

どうもこんにちは!

最近映画見てますか?

今回ご紹介する「映画 帝一の國」

日本のイケメン勢揃いな学園映画です。

皆演技派揃いであっという間に映画に引き込まれる作品で、

映像の綺麗さも見逃せません!

この記事では、

メインとなるキャストとあらすじ・ストーリー詳細を紹介をしていきますので、

原作と比較されたい方、

4月6日のテレビ放送を見逃されたかた

、映画版のストーリーを確認されたい方

などにオススメです。

ではどうぞ! 

Sponsored Links

帝一の國とは?

帝一の國は『ジャンプSQ.19』や『ジャンプスクエア』に連載された漫画です。

原作は 古屋 兎丸(ふるや うさまる)氏

本作映画版は2017年4月 に公開となりました。

あらすじ

時は昭和。

赤場帝一(あかばていいち)は「総理大臣になり自分の国を作る」という目的があり、日本の政界に強力なコネクションを持つの超名門・海帝高校に入学した。

総理大臣になるため海帝高校生徒会長を目指す、彼の戦いが始まった !!

スタッフ

監督は永井聡 氏

いぬのえいが(2005年)

世界から猫が消えたなら(2016年)など

 

脚本はいずみ吉紘 氏

ケータイ刑事 銭形零

恋する日曜日 セカンドシーズン

デスノート(2015年 ドラマ版)など

音楽

音楽:渡邊崇 氏
2013年『舟を編む』
劇場版しまじろうシリーズ など

主題歌:クリープハイプ「イト」
オープニング曲:FLATBACKER『HARD BLOW』

主要キャスト

赤場帝一役 菅田将暉

(幼少時)斎藤龍音

東郷菊馬役 野村周平

大鷹弾役 竹内涼真

氷室ローランド役 間宮祥太朗

榊原光明役 志尊淳

森園億人役 千葉雄大

白鳥美美子役 永野芽郁

(幼少時)安藤美優

赤場譲介役 吉田鋼太郎

駒光彦役 鈴木勝大

根津二四三役 萩原利久

佐々木洋介役 岡山天音

古賀平八郎役 井之脇海

美山 玉三郎訳 松本岳

堂山圭吾役 木村了

ネタバレ・ストーリー紹介

原作は未読なので、映画版のストーリーの紹介をしていきます。

Part 1  海帝高校へ入学・次期生徒会長に有力なのは?

赤場帝一(あかばていいち)の夢は総理大臣になること

「政治とは流血を伴わぬ戦争である」 

と毛沢東の言葉と引用し、年収約4000万以上の

夢の職業である総理大臣になるため、政界の強力なコネクションを持つ

海帝高校の生徒会長により作られた海帝生徒会長会に入るため

「僕は誰にも負けない。 総理大臣になり僕の國を作る」

と意気込む のだった。

 

彼の片腕には盗聴器を作成したり情報収集に長けた

榊原光明(さかきばらこうめい)

がいた。

彼は帝一の親友でもある。

帝一は生徒会への足がかりのためまずルーム長を目指す。

そのため親から学校への多額の寄付がしてもらい、

帝一はルーム長に指名され、光明もまた副ルーム長に選ぶことができた。

幼馴染の白鳥美美子(しらとり みみこ)は彼が愛する貴重な存在。

彼女とは密かに交際をしていた。 

海帝高校は男女交際禁止のため

ばれないようにと玄関先と2階の間を糸電話で話す帝一 。

余計バレないか?

美美子は「またピアノを聞かせて欲しい」と言うが

「今は人生をかけて努力する時だからピアノはあと」と冷たくする帝一。

帝一のライバル(というか一方的にライバル視してくる)には 東郷 菊馬(とうごう きくま)がいた。

彼は小学校の時からの幼馴染であり、

かつて帝一の父親 赤場 譲介(あかば じょうすけ)と

海帝高校生徒会長を争い勝った

東郷 卯三郎(とうごう うざぶろう)の息子だった。

また彼は帝一をいじめていたので、帝一は彼に苦手意識があった。

現在では東郷 卯三郎は通産省事務次官。

帝一の父・譲介は通産省官僚と上司部下の関係だ。

子分の根津 二四三(ねづ にしぞう)と常にともに行動し常に帝一の邪魔をしようとする。

また

海帝中学出身でない外部生でありながら、難関である奨学金制度をクリアして入学した、 

大鷹 弾(おおたか だん)も強敵だ。

弾の家庭は母一人の貧しい家で弾は幼い兄弟たちを世話していた。

そんな弾を「立派ね」と言う 美美子に対し「あんなやつはうわべだけ」と一蹴する帝一。 

 

しかし弾と優劣をはっきりさせたかった帝一は

担任の教師を買収?し弾の受けた試験問題と点数を知り、

自宅で試験に挑戦。

ギリギリ自分が勝っていたことで安心する。

「僕は勝つことでしか生きていけないと思いました!負け犬にだけはなりたくありません」

と感想を漏らす帝一。

しかし

「勝ち犬になれ」と父から叱咤のビンタを食らう 帝一であった。

 

生徒会で他の学年や生徒会長などの初顔合わせ

 

現在の生徒会長 堂山圭吾(どうやま けいご)

生徒会長は前年度の生徒会長にが候補者3名を選び1・2年の評議会委員60名で投票を行うことで決まる。 

なので生徒会長への近道は次の会長候補に取り入り派閥に入ることである。

 

次の有力な会長候補は

 

本田 章太(ほんだ しょうた)

政治家一族の出自だが、おとなしすぎる性格と昨年の文化祭で管理を任されていた照明器具を壊すという失態を犯した過去があり有力視されていない

 

 

森園 億人(もりぞの おくと)

海帝中学から現在まで常に成績が1位の秀才 、生徒会の運営も彼が指南しているとの噂もある。

 

氷室 ローランド(ひむろ ローランド)

海帝に許可を出す不良たちを閉めたり堂山を生徒会長にするために 票固めをした一番の功労者と言われている。

ローランドの幼馴染みで親友の 駒 光彦(こま みつひこ)

帝一が犬になると決めたのは氷室 ローランドだった。

Sponsored Link

帝一は ローランドの覚えを良くしたいと思い

次回の生徒総会の校旗掲揚したいと申し出て快諾される。

帝一は興奮気味にその事を語るが美美子には伝わらなかった。

生徒総会当日

赤場 菊馬の妨害が入る。

会長の演説中に掲揚された校旗のロープを切られたのだ!

帝一はギリギリ間に合い、必死に落ちないようにロープをつかむが、

 菊馬のくすぐりで最大のピンチを迎える。

そこに弾が助けに入り、難を逃れる。

帝一は弾にこの借りは必ず返すと誓った。

 part 2  選挙戦はじまる! 妨害を切り抜ける作戦とは?

半年後

次期生徒会会長候補者3名が発表された。

やはり上記の3名だった。

選挙公約において、 対立したのは、

億人の「能力主義で成績の良かった部に予算を伸ばす方針で、全校生徒で生徒会長を選挙で決めるやり方の提案」

ローランドの「運動部の予算を大幅に拡大、億人の行き過ぎた民主化は伝統を破壊する」

の2つの意見だった。

海帝(学校)新聞の世論調査 で圧倒的にローランド優勢のスタートだった。

 

一方 帝一の父、赤場譲介は、大臣である東郷 卯三郎から

自身が進めている日本車優遇措置法 に横槍を入れられていた。

東郷 はアメリカ国企業のレッドフォード社長から賄賂をもらっていたので

赤場のことが邪魔だったのだ。

 

海帝祭(文化祭)では帝一は開会式の演出を任されるなど順調に地位をあげていた。

開幕式では体育館に一般客を入れ、特に中学生からの黄色い声援が飛び交っていた。

生徒会役員による太鼓演奏だった。

これは帝一の策で、一緒に太鼓を練習するという名目で運動部とと関わりを持ち、

さらに全体として一体感を得られるという作戦だった。

人望のある弾を取り込みたいローランド。

そこで帝一が弾の貧しい生活(父親の借金)の状況を利用し口説こうとしたが

逆にプライドを傷つけられた弾の反発を招き、

弾に億人を応援させるきっかけを作ってしまうのだった。

 

落ち込む 帝一にさらにローランドの父親は

譲介の日本車優遇措置法により大損害を受けた社長の息子だと知り愕然とする。

来年、氷室に指名されないことを嘆き切腹しようとする帝一

「総理大臣にならなきゃ生きてる意味がないんです」 と泣き崩れる。

譲介に諭され、億人の派閥に入り生き残ることを選ぶのだった!

 

帝一はかつて億人を「歩のような存在」と揶揄したことを謝罪し、弾にも許され

正式に億人の陣営に加わるのだった。

本田 章太が辞退し、億人側についたが以前ローランド派が優勢だった。

それは 菊馬のアドバイスでローランドは金を渡す作戦で生徒たちの心を掴みにかかったためだった。

演劇部?部長 美山 玉三郎は衣装代欲しさに金を受け取る。

その金は生徒会がプールしている埋蔵金と嘘をついて渡していたが、

実際は学校に出入りする業者に契約を打ち切る話を持ちかけせしめた金だった。 

それはやってはいけないと反発するローランドの親友  駒

二人の仲は裂け始めていた。

 

劣勢に「数字が欲しい」と半ギレする帝一

美美子に「金をもらっている人達は心苦しいはず」と諭されるが聞く耳持たない。

父・譲介から旧幕府軍・ 彰義隊の話を聞く。

戊辰戦争で新政府軍が勝ったのは錦の籏をかかげ自分たちが正しい・官軍であるとい戦略をとったからという話を聞き

帝一は美美子の言葉を思いだし作戦を思いついた。 

海帝の歴史に残ったマイムマイム事変 !

億人陣営は放課後にマイムマイムをかけ校庭でひたすら踊り続けたのだった。

嬉々として踊った。これには全校生徒の心を動かしたが、

後ろめたいことのある生徒たちは、輪に加わることができず、

惨めな気分になりローランドの味方は減っていったのだった。

これにより世論調査の結果は対等となった。

 

東郷 菊馬は父に泣きつき

譲介に収賄の疑いをかけ家宅捜索をさせたのだった。 

「これでもう自分は総理大臣になれないと」精神的に参る 帝一

 

面会室で父親に向かって

「ピアノが弾きたい」と漏らした 。

幼い時に父の言葉を受け入れ自分の国を作ると言い出したのは

自分の国ならば誰にも邪魔されずにピアノが弾けるからだった。

そのために総理大臣になりたいのだった。 

それを聞いて「すまなかった」と 謝る父・ 譲介

帝一の心の中はずっとピアノが一番の存在だった。

part 3 いよいよ投票日。 生徒会長にふさわしいのは誰か?

肝心の投票日だが帝一は家からでてこない

美美子から「今までみんなから助けてもらったでしょ今度は皆を助けてあげなきゃ

それもできない人が自分の国なんて作れるわけないよ」

と説得される。

生徒会で投票が始まった。 

ギリギリで学校に現れた帝一の前に菊馬が立ちはだかる!

帝一が美美子と一緒にいるのを見て、 

収賄の群れ衣をきせるまでもなく恋愛スキャンダルだけで帝一を潰せたな

と漏らす菊馬。

父に汚名を着せたのは菊馬だと知り、激怒する帝一。

いままで大人しかったがついに菊馬とケンカが始まった。

他の生徒たちも見物にかけつけはエキサイトしていく

菊馬は帝一が自分より優秀だったせいで親に怒鳴られていた過去を吐露する。

生徒会では投票が進んでいた。

賄賂を受け取ったことを次々暴露する者が続き

ローランドの目論見は崩れていく。

ついに側近の駒まで離反した。

当選を決める最後の票は

弾だった。

がなんと白票を投じた。

その結果決定権は生徒会長の堂山 圭吾に移った。

弾は海帝生徒会のことをよく分かっている 堂山 に託すつもりだったのだ。

 

堂山が選んだのはどちらか?

ローランドには

自分が生徒会長になったのを助けてくれたが、そ の有能な力も使い方を間違えれば大きな差別を生む危険なものであるといさめた。

森園 億人には

自分にリーダーの資質を教えてくれた。彼は周囲のものをうまく使い負け試合をひっくり返す男 だと称賛し、

次期生徒会長にふさわしいのは森園だ。

と言い放ったのだった。

一方、帝一と菊馬の戦いは

美美子の一蹴で幕を閉じた。

気を失っていた 帝一は

自分がついにやり返してやったと誤解したのだが、、、

歓喜に沸き立つ生徒

しかし失意のローランドは校舎の屋根から飛び降りる!

、、、無事なようだった。

理由はもし森園が負けた場合

帝一が飛び降りると思って

光明があらかじめ地面にマットを仕込んでいたからだった。

 

この自殺未遂は政界をも巻き込み

生徒会長会という派閥をも解体させた。

Sponsored Link

ここで冒頭のシーンに戻る。

以上のことを帝一は

カメラの前で語っていた。

みんなに真実を知ってもらい 

ここまで話すことで罪滅ぼしをしたかったというのだ。

「みんなのために働きたいと思っている

みんなの犬 赤場 帝一に清き一票を!」

といって政見放送ビデオを締めくくった。

 part 4 舞台は1年後。帝一は生徒会長になれるか?

時は流れ、

2年生となった帝一の生徒会長選真っただ中だった。

父・譲介も出所を果たした。

森園 億人の公約通り

全校生徒による生徒会長の選挙が体育館で行われていた。

赤場 帝一

大鷹 弾

東郷 菊馬

立候補者3名のそれぞれの陣地に入った人数をカウントし、

投票数としていた。

 

帝一と弾は僅差で競り合っていた。

菊馬は帝一に勝たせるため、自分が帝一の1票になった。

「お前が上にいてくれないといじりがいがないがない」と言う。

投票の締め切りが迫る!

結局どうなるのか?

ラスト10秒。

瞬間的に動いた帝一は弾に1票を入れた。

「借りは返した。この学校を変えるのはお前のような人間だ」

「僕はピアノさえ弾ければ十分だ」 

と弾に譲った。

帝一の心意気に生徒たちから拍手喝采が起こった。

 

帝一は国会議事堂の前にいた。

投票の最後の瞬間を回想する。

なぜ帝一が、弾の陣地に飛んで入ったのか?

それは 菊馬 が最後に弾に投票しどんでん返しを企んでいたからだった!

帝一は一瞬で判断した。

負けてしまうより勝たせてやるを選んだのだった。

帝一はどこまでもしたたかだった!

勝たせてやることで帝一自身の株も上がったからだ。

 

会長副会長の就任式で

ピアノを弾く帝一に弾は惚れ惚れした。 

「お前はこんなにすごいやつだったんだ」と。

帝一は諦めていない「帝一の國を作る」という理想を!

個人的な感想

主人公が総理大臣を目指すために名門高校の生徒会長になるために奮闘するというストーリーですが、実は隠れた純粋な思いがあったというオチ?でした。

最初は親のしつけとはいえ、お金のためにそこまで一生懸命になれるか?という点が気になりました。が

それは表向きの顔だったと分かりいいやつに認定できました(笑)

しかし

時代背景が昭和という設定のため、そういう志を持っていても違和感はありませんでした。

かつて「末は博士か大臣か」という有望な子供たちに対して政治家になることを期待をする言葉もありましたし。

青春映画ですがこの主人公は一回も暴力(パンチ等)を振るわず、一貫した平和主義者だなと感じたことも個性を感じるところでした。

ストーリーとしては

とても分かりやすく原作を読んでいなくても十分楽しめる作品でした。

男子校なので登場人物のほとんどは男子で、女性の登場人物はほぼ永野芽郁一人だけがちょっと残念(笑)

 

日本の映画が得意な「コメディテイストで、 限定された舞台の中でいろいろ趣向を凝らして話を展開させる」というパターンのいい例だと思いました。

基本的に生徒会会長を選ぶという平和な?ストーリーなので 衝撃的なイベント(殺人やいじめ)は起こりませんが、各俳優さんの台詞回しやキャラクターの面白さが秀逸なのでそれを楽しむ映画だと思いました。

 

不満点として

ストーリーの大半が時期生徒会長になる男に協力することに費やしてしまい

主人公自身のストーリーとしてみることが満足にできなかったことでした。

戦略家という点を強調するなら参謀役こそ活きる!

のでしかたがないとは思いますが。

 

さらに一番盛り上がるはずの帝一の自身の生徒会長選の模様が終盤あっけなく過ぎてしまったことが残念でした。

そこのいたるまでに菊馬の妨害があったろうにそこがまったく描かれていなくて

アレ?と思いました。

 

あと永野芽郁の出番が少ない!(笑)と思っていたら

最後のダンスで見事に回収してくれました。これはヨカッタ!

最後に

いかがでしたでしょうか?

「映画 帝一の國」は漫画が原作ということで、

漫画版も読んでみたいと思いました。

最近は美形の俳優さんが増えたため、原作のキャラとイメージ的に違わないのが素晴らしいですね。

今作のレビューをみても高評価が多いようで

やはりそれぞれの俳優さんのキャラづくりに注目している方が多いです。

このような面白い日本映画がもっと作られることを

いいなと思い終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました